<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Vol. 16 命数
今日するお話は、前に書いた「とある気付き」とはまた違った、2年前に気付いた、霊界からのメッセージです。
後日、霊界道のサイトに改めてアップしたいと思います。

人にはそれぞれ自分に与えられた命数があります。人によってはそれが数字だったり、文字だったり。

例えば、私の場合は「8」が自分の運命数(命数)となります。そしてアルファベットで言うと「H」。(まあ、Hから繋がって、最後は数字の8にたどり着くってことなんですが)なので、何か重要な物事をする時などは、なるべく月の8日、17日、26日に行うようにしています。(二桁の場合は1の位と10の位を足すので、17も26も「8」となるからです)気の持ちようと言われれば、それまでですが、確かにこの日に外出すると良い事があります。また、宝くじもこの日に買うと当たる確率が増えました。そして、何かに名前を付ける時(会社名、芸名、ニックネーム等)にも必ず「H」を入れるのです。

私の霊界道のウェブネームはSarahですが、これも単にSaraではなく、敢えて最後に「H」を入れるようにしています。私の本名も「H」が付きます。

この命数とは一体どういうものなのでしょうか。それは、自分と霊界とのドアと言った方が分かり安いかも。橋でもいいですが、橋だと距離が少しある感じがするので、ドアは開いたらすぐに繋がるので、命数を例えるにはドアがピッタリです。ということで、繋がることが出来るドアの役割を果たすのが、この命数です。命数を身近に置く事で、霊界からのパワーが受け安くなります。

ではあなたの命数はどうやって導き出せばいいかということですが、これは、生年月日からが一番近いのかもしれませんが、導き出すというより、ご自身でよく考えるとって思う数字や文字があればそれが命数になると思います。なので一概に生年月日からとも言えないです。


私はどうして自分の命数が「8」だと気付いたかと言うと、以前からアルファベットの「H」に縁があるなと思っていて、それは丁度「霊界道」のサイトを立ち上げた時に気付いたんです。

私は当時「霊界道」のサイトの他に、それぞれが全くジャンルの異なる3つのサイトを運営していました。そして、3つともウェブネームがそれぞれ違って、「霊界道」もネーミングをどうしようか考えていたのです。そして気付いたら、他の3つとも偶然最初に「H」の文字が入っていたんです。私の本名も「H」が最初なので、「H」の文字が入ったペンダントは私のお気に入りの一つでもありました。そんなことから、「Hって絶対に縁がある」って感じ、「霊界道」のサイトもネームに「H」が入るようにしたんです。仏陀に関係した沙羅双樹から沙羅と付けたかったのと、最後にHを付けれるということで、それに決めました。

その時から「H」って英語で意味ってあるのかなと思っていて、ある日、辞書で調べてみたんです。そしたら...

H:英語アルファベットの第8字、第8番目のもの

と出ていたんです。
それで一気に鳥肌が立ちました。
実は私の誕生日は17日で「8」であり、実は以前にこれも気付いていたんですが、私には人生でとてつもなく影響を受けた身近な人物が3人いるのですが、その3人とも誕生日が「8」になるんです。この偶然に以前にその3人に「私達は絶対に縁があるよ」って話していたんです。3人のうち一人は私の姉で26日生まれ。もう一人は私の一番の親友で17日生まれ。そして最後がツインソウルの妹的存在の友達で8日生まれ。

なので、「H」が8番目という意味で、一気に謎が解けた感じでした。そしてこの偶然の一致にもう鳥肌状態!(^^;) 3人のうちの17日生まれの親友にすぐに電話してこの事実を伝えました。そしたら友達は「8って末広がりで縁起がいいし、ましてスピリチュアル的にも無限大って意味があるじゃない」って言うし、さらに「そういえば今日って8日よ!」って言うのです。もうひえ〜状態です。 そうなんです。このHから8へと気付いたまさにその日は8日だったのです。

そして、次に私の友達にスピリチュアルに詳しい人がいて、その人に話したら「8は大天使ミカエル様の数字でもあるのよ」って教えてくれました。その時に、過去世の記憶の断片が瞬間的に頭に蘇りました。

それは...

私は遥か昔、ミカエル様の僕(しもべ)として、この地球をサタンから守った戦士の一人だったということ。ミカエル様の指揮のもと、兵士として存在したことを思い出したのです。私が今生に降り立つ時、とても辛い試練を乗り越える時が来るだろうその時に、絶望から光を見出せるよう、ミカエル様から愛を受けた事、そして今も見守り続けて下さっていることを思い出させるために、私にヒントを残して下さったんだと気付き、感動で涙が溢れてきました。私は確かにミカエル様を愛し、彼からも素晴らしい愛の光を受けていたことを思い出したのです。

大天使ミカエル様は地球をサタンから救った救世主であり、地球の私達全てに今も愛を送って下さっています。

霊界に帰ったら、ミカエル様に再び会えるよう、今後も精進していこうと、「H」「8」を思うたび心新たにするのです。(ミカエル様もSt. MichaelでHが入っています)

あなたにとっての命数はなんですか☆

 

2006年11月11日